製品情報

  1. ホーム
  2. 製品情報トップ
  3. 製品機能
  4. 権限設定機能

権限設定機能

管理者、オペレータ、閲覧者の中から「オペレーション権限」を選択し、設定することができます。

管理者 すべての操作(検索、統計、閲覧ログ、設定、ユーザー管理など)を行うことができます。システム管理者などが想定されます。
オペレータ 検索及び閲覧は許可されておらず、設定の変更のみが許可されています。システム管理者のサポート業務を行ってもらう外部パートナーや契約社員などが想定されます。
閲覧者 検索及び閲覧が許可されており、設定の変更や閲覧ログの確認はできません。上長や監査担当者などが想定されます。

検索制限

管理側のユーザーごとに検索・閲覧可能な範囲を制限
イメージ

ドメインあるいはセグメントの範囲、検索可能なプロトコルの種類など、ユーザーごとに検索可能な範囲を制限することができます。また、ユーザーごとに検索できないクライアントを指定することも可能です。

機能の適用例 閲覧できる範囲を、それぞれが所属しているドメインのみに限定
代表者のメール内容は管理者であっても閲覧不可
特定のメールアドレスは上司のみの閲覧に限定
特定ドメインのメールはすべて閲覧不可