製品情報

  1. ホーム
  2. 製品情報トップ
  3. 製品機能
  4. SSL通信の解析・再現

SSL通信の解析・再現(※オプション)

イメージ

現在、インターネットを流れるデータのうち、Webアクセスなどを中心に安全な通信経路を確保するという意味で、SSL通信が増加しています。SSL証明書を使って、サーバとクライアント端末間を暗号化し、第三者からの通信傍受を防ぎ、その中を通る通信データの安全性を確保することは、オンライン・バンキング、E-コマースを始めてとしたインターネット通信では必須です。
しかし、SSL通信で保護されている通信を使って端末から外部へ流出するデータについては、たとえ組織のネットワーク管理者であっても、確認することができません。
もしも、サイバー攻撃によって外部のC&Cサーバに対してSSL通信を使ってマルウェアを送り込まれたり、データを漏洩されても検知できないことになります。
これまでもProxyサーバを使って、一部通信を再現させる仕組みを個別に構築することは可能でしたが、著しく通信性能が低下したり、Google Apps等、主要なSSLアプリケーションは通信仕様が度々変更されるため、再現できなくなるケースが多くあるなど、実用的ではないと当社では判断してきました。
今回、Gigabitクラスに対応するSSL復元性能とSSLアプリケーションの仕様変更にも追随できるSSL解析アプライアンスをNetRAPTORと同時に導入いただくことで、性能問題のクリアと主要なSSLアプリケーションの復元を可能にしました。