製品情報

  1. ホーム
  2. 製品情報トップ
  3. 製品特長
  4. パケットキャプチャとは

パケットキャプチャとは

パケットキャプチャの概要

見えないネットワーク上の通信データを可視化

パケットの形でネットワーク上に送り出された通信データをキャプチャ(捕捉)する仕組みです。キャプチャしたパケットを詳細に解析することで、見えないネットワーク上の通信データを可視化することができます。

様々な情報がやり取りされている企業ネットワークにおいて、そのネットワーク内の通信データを詳細に見ることはできません。しかし、万が一ネットワーク障害が発生した場合には、通信データの解析を行うことで原因箇所を特定し、何らかの対策を講じる必要が出てきます。その際に利用されるものが、ネットワーク内でやり取りされているパケットを捕捉して、ネットワークの情報を可視化することが可能なパケットキャプチャツールです。
パケットキャプチャツールには、専用のNICカードを持つアプライアンスタイプやソフトウェアタイプのものなどがあります。ネットワークの可視化が可能となるため、障害発生時の解析やネットワーク利用状況の把握はもちろん、機密情報の持ち出しを監視することで情報漏洩対策としても活用されています。

NetRAPTORのパケットキャプチャ機能

大量の通信データを漏らさず捕捉、素早く検索
イメージ

NetRAPTORは、大量の通信データであっても取りこぼすことがないよう、ギガビット・フルワイヤキャプチャに完全対応しており、ネットワーク内に流れるすべてのパケットを漏れなく捕捉することができます。また、あらかじめ用意された項目を入力する「簡易検索」と、論理演算を駆使することで複雑な検索が可能な「論理演算式検索」の2種類に対応しており、捕捉されたパケットから目的の情報へ素早く辿りつくことができます。