製品情報

  1. ホーム
  2. 製品情報トップ
  3. 製品特長
  4. IPS/NGFWを補完する

IPS/NGFWを補完する

サイバー攻撃の証跡を捕捉し、IPS、NGFWを補完する

イメージ

IPS/IDSあるいは、NextGeneration Firewall を導入することで、既知のサイバー攻撃の検知、C&Cサーバとの通信、未知のマルウェア検知など、これまでのファイアウォールでは対応できなかった、ある範囲での脅威の検知や事前予防が可能となります。
しかし、増大するサイバー攻撃による脅威を100%、未然に防ぐことはもはや不可能です。また、たとえサイバー攻撃を検知しえた場合でも、C&Cサーバとの更新内容や、持ち出された情報のすべてをみることはできません。ネットワークフォレンジック NetRAPTORを導入し、ネットワーク通信を可視化することで次のようなことが可能になります。

  • C&Cサーバとボット化端末の通信内容の記録と見える化
  • セキュリティインシデント発生時、その脅威の進入時点に遡っての調査・分析
  • 有無を含む漏洩情報の実態分析 など

脅威を検知するIPS/IDS、NGFWとあわせてNetRAPTORを導入することで、今日のサイバー攻撃の実態を明らかにし、セキュリティインシデント発生時の原因調査・分析、それに基づく必要な対策の立案が初めて可能となるのです。