ソリューション

  1. ホーム
  2. ソリューショントップ
  3. メールアーカイブよる監査

メールアーカイブよる監査

内部統制の強化に必要な、メールも監査対象に

日本版SOX法に伴う内部統制強化が叫ばれるなか、社内外とのコミュニケーション手段として活用されているメールは重要な監査対象のひとつです。メールは、誤送信を含めて情報漏洩の原因となるもので、メール本文及び添付ファイルの内容まで管理者が追跡できる環境を整備しておく必要があります。しかし、重要な証拠となるメールの履歴がPC側でしか管理されていない環境では、従業員の都合により削除されてしまうことも考えられます。すべてのメール履歴を一元的に保存、管理できる仕組みは、内部統制上重要なポイントとなってきます。だからこそ、すべての通信データをキャプチャすることで、万一のインシデント発生時に迅速に原因特定が可能なNetRAPTORが、内部統制強化に大きく寄与します。

添付ファイルもWebメールも、すべて一括検索できる「NetRAPTOR」

イメージ

NetRAPTORが持つキャプチャ機能は、大量のデータが発生した場合でも優先的にキャプチャを行い、通信データを取りこぼすことなく捕捉、長期間に渡って安全に保存することができます。Webメールを含めたすべてのメールデータを保存しておくことで、特定のインシデントが発生した場合でも、添付ファイルを含めたメールの内容を詳細に解析し、原因特定につながる情報を見つけ出すことができます。同時に、すべての通信データをキャプチャしてあるため、インシデントの発生時刻や原因となったPC、その経路など、すべての情報を一括検索することが可能となっており、詳細な追跡を迅速に行うことが可能です。メール本文のみならず、添付ファイル内に含まれる文言での検索も行えます。 企業監査(閲覧ログ)機能

メールアーカイブとは

メール本文及び添付ファイルの内容すべてを保存

社内外でやり取りされているすべてのメールをアーカイブ(保存)する仕組みです。送受信で使われるSMTP/POPプロトコルのパケットを取得し、メール本文及び添付ファイルの内容すべてをサーバーやストレージにアーカイブすることができます。

一般的な企業が1日でやり取りするメールの件数は、平均7万7000件にも達すると言われています。個人フォルダ内で管理しているメールも少なくないため、メールを経由した情報漏洩事件などに対処するのが困難な状況となっており、すべてのメールを一元的に管理できる仕組みが求められていました。そこで登場したのが、SMTP/POPプロトコルのパケットを取得してすべてのメールを保存することができるメールアーカイブツールです。
一般的には、メールサーバーを経由したすべての送受信メールが自動的にアーカイブされることになり、アーカイブされたデータは削除・改ざんできないようになっています。メールを保存することで、情報漏洩対策のみならず日本版SOX法に対するコンプライアンス強化にも有効に活用できます。 企業監査(閲覧ログ)機能

NetRAPTORのメールアーカイブ機能

件名から添付ファイルに含まれる言葉まで検索対象に

NetRAPTORは、メール送受信で使われるSMTP/POPプロトコルをはじめ、Webメールなどに使われるHTTPなどの各プロトコルに対応し、件名やメールヘッダ情報、様々な形式の添付ファイルに含まれる言葉など、あらゆる情報を検索対象にすることが可能です。アーカイブしていることを従業員に周知徹底することにより、メール本文や添付ファイルから発生する情報漏洩インシデントへの抑止効果を高めることができます。 通信データの採取・統計機能

mbox形式一括エクスポート

内部統制や様々な監査や調査において、電子メールは重要な調査対象です。NetRAPTORはmbox形式一括エクスポート機能をサポートすることで、様々な監査要求にすばやく柔軟に対応を可能にします。 mbox形式一括エクスポート